PMSサプリを口コミから検証!女性の悩みを解消したい

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

ストレスを溜めない

ストレスはPMSを悪化させる最大の原因です。
生理前に肌荒れやむくみなどが現れると、ただでさえPMSでイライラしているのにますますイライラが強くなってしまいます。
さらにこの時期は集中力が低下するため、仕事でのストレスも大きくなりますし、
イライラが原因で人間関係に問題が生じる場合もあるでしょう。
こういったストレスがホルモンバランスをさらに乱し、PMSを悪化させてしまいます。
そのため、PMSを改善するためにもストレスを溜めない生活を心がけないといけません。

生理前は些細なことでイライラしたり、不安になってしまうので、なるべくストレスを受けそうな場所に
行かないようにしてください。
ただ、一人で家にいる方がストレスを感じる方もいるでしょう。
人によって落ち着ける場所が異なるので、どんな場所・環境が自分に適しているのか考えてみてください。

ストレスを軽減するために生活にメリハリをつけるのもいいでしょう。
欲しいものを我慢している生活や食べたいものを我慢している生活はストレスが溜まりやすいです。
我慢するのは悪いことではないですが、我慢のしすぎは大きなストレスを生み、PMSを悪化させます。
この期間は思い切り遊ぶとか好きなものを食べると決めた方がストレスが溜まりづらいです。

ホルモンバランスと自律神経を整える

PMSを改善するためにもホルモンバランスと自律神経を整える必要があります。
普段からホルモンバランスや自律神経が乱れている方ほど症状が現れやすいので注意が必要です。

ホルモンバランスを整えるのに有効なのが入浴です。
お風呂をシャワーだけでは済ませている方が多いかもしれませんが、それでは体の芯まで温めることができません。
浴槽にしっかりと入ることで、冷えが改善され、ホルモンバランスも整います。
体を温めるのにおすすめなのが半身浴です。
38度くらいの少し低めの温度にして、20分から30分程度浸かってください。
肩まで入るよりも半身浴の方が体が温まりやすいです。

ストレッチもホルモンバランスや自律神経を整えるのに効果的です。
血行不良は体の冷えを引き起こす原因になるので、ストレッチで血液の流れを良くしましょう。
また、ストレッチはリラックス効果もあるので、PMSの精神的症を抑えることもできます。
時間がある方はストレッチと一緒にウォーキングも始めてください。

自律神経を整えるためにアロマテラピーを試してみるのもいいかもしれません。
精油の香りには自律神経を整える効果があります。
ゼラニウムやクラリセージ、ラベンダーなどがPMS改善にいいとされています。

食生活の見直し

PMS対策として食生活の見直しも効果的です。
食生活を見直すことで、症状を大幅に改善できる可能性があります。
栄養の偏った食事をしている方は、早めに見直すようにしてください。

まず、大切なのは甘いものや脂肪分の多いものを控えることです。
糖分や脂肪分が多い食事は、イライラを悪化させたり、むくみや肌荒れなどを引き起こします。
PMSだけではなく、健康にも悪いので食べ過ぎにくれぐれも注意しましょう。
甘いものをどうしても食べたい時はケーキやチョコレートを避け、血糖値が上昇しづらいフルーツや和菓子を食べてください。

塩分の過剰摂取も症状を悪化させてしまうので、減塩を心がけましょう。
最初は違和感があったり、味気なく感じるかもしれませんが、続けていれば次第に慣れていきます。
減塩タイプの醤油を使用するだけでも摂取量を抑えることができます。

コーヒーやお茶に含まれるカフェインもPMSには良くありません。
またアルコールも多く摂取するとPMSを悪化させてしまいます。
PMSを改善するにはカフェインを含む飲み物を控える、アルコールを適量に抑えるといったことも大切になります。

そして、ミネラルやビタミンが不足しているほど症状が現れやすいので、
食事で十分摂取できない方はサプリメントを活用してください。

女性のミカタ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket