PMSサプリを口コミから検証!女性の悩みを解消したい

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

サプリの飲み方

サプリは薬とは違うので、飲むタイミングに指定はありません。
いつ飲もうが体に害を与えることはないですが、飲むタイミングによって効果が変わります。
一番いいタイミングは食後30分以内です。
空腹時に飲むよりも食後に飲んだ方が吸収力が高く、効果が現れやすいです。
ただし、商品に飲むタイミングが記載されている場合は、そちらを優先してください。

ジュースやコーヒー、お茶などでサプリを飲む方もいますが、最も適している飲み物は水です。
水は胃を刺激し、吸収力を高めます。
カフェインが含まれているコーヒーやお茶は吸収力を悪くさせるので避けてください。

摂取量を増やせばそれだけ効果がアップしそうなイメージがあるかもしれません。
しかし、これはイメージに過ぎず、たくさん飲めばいいというわけではないです。
目安量を大幅に超えてしまうと過剰摂取になり、体調を崩す恐れがあります。
特にイソフラボンのサプリを過剰に摂ると女性ホルモンのエストロゲンが多くなってしまい、
ホルモンバランスが乱れるかもしれません。
その結果、PMSの症状が酷くなる可能性もあるので、サプリの過剰摂取は絶対にやめましょう。
商品に記載されている目安量を守るようにしてください。

価格と効果の関係

PMSサプリはピンからキリまであり、価格の高い商品もあれば、安い商品もあります。
価格が高いほど効果があって、安いものほど効果がないイメージがありますが、価格と効果は関係しているのでしょうか?
必ずしも価格と効果が比例しているわけでないですが、基本的に価格の高いものには高品質の成分が配合されています。
高品質の成分を配合すると製造コストが高くなるので、安く売るのが難しいです。
つまり、安い商品ほど品質が低い成分を使用しているということです。
もちろん、手頃な価格のサプリの中にも効果が期待できるものはありますし、
価格が高いサプリの中にも効果が出ないものもあります。
価格と効果が比例しているというよりも価格と成分が比例していると考えた方がいいでしょう。
とはいってもあまりにも安いサプリは避けるべきです。
添加物が大量に使用されていて、アレルギー症状が現れたり、効果が期待できない可能性があります。

また、サプリは長く飲み続けないと効果を期待できないので、高すぎるものもおすすめできません。
価格が高すぎると経済的負担が大きくなるため、継続することが難しくなります。
無理なく続けられる価格のものを選ぶようにしましょう。

配合成分

PMSサプリを選ぶ場合に必ずチェックしないといけないのが配合成分です。
商品によって配合成分が異なり、中にはPMSとは関係のない成分しか入っておらず、効果が期待できないものもあるので、
しっかりと確認しましょう。
以下の成分が配合されているPMSサプリは高い効果を期待できます。

・プラセンタ
プラセンタとは哺乳類の胎盤から抽出したエキスのことで、女性ホルモンを整える働きを持っています。
PMSはもちろん、月経困難症や更年期障害にも効果があります。
生理痛も普段よく軽くなる可能性が高いので、生理時の出血が多い方などにもおすすめです。

・イソフラボン
大豆製品に多く含まれているイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンとよく似た働きをします。
そのため、エストロゲン不足によって起こるPMSの改善に有効です。
ただ、エストロゲンの分泌が過剰になるとホルモンバランスが乱れ、PMSを悪化させてしまいます。

・チェストツリー
チェストツリーはヨーロッパで昔から使用されているハーブです。
ホルモンバランスを整え、PMSの症状である、むくみや便秘、イライラ、乳房の痛みなどを改善する効果があります。

・テアニン
テアニンはお茶に含まれている成分です。
PMSの症状を緩和させる効果がありますが、お茶には微量しか含まれていないため、サプリで摂取した方が効率的です。

配合成分

PMSサプリを選ぶ場合に必ずチェックしないといけないのが配合成分です。
商品によって配合成分が異なり、中にはPMSとは関係のない成分しか入っておらず、効果が期待できないものもあるので、
しっかりと確認しましょう。
以下の成分が配合されているPMSサプリは高い効果を期待できます。

・プラセンタ
プラセンタとは哺乳類の胎盤から抽出したエキスのことで、女性ホルモンを整える働きを持っています。
PMSはもちろん、月経困難症や更年期障害にも効果があります。
生理痛も普段よく軽くなる可能性が高いので、生理時の出血が多い方などにもおすすめです。

・イソフラボン
大豆製品に多く含まれているイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンとよく似た働きをします。
そのため、エストロゲン不足によって起こるPMSの改善に有効です。
ただ、エストロゲンの分泌が過剰になるとホルモンバランスが乱れ、PMSを悪化させてしまいます。

・チェストツリー
チェストツリーはヨーロッパで昔から使用されているハーブです。
ホルモンバランスを整え、PMSの症状である、むくみや便秘、イライラ、乳房の痛みなどを改善する効果があります。

・テアニン
テアニンはお茶に含まれている成分です。
PMSの症状を緩和させる効果がありますが、お茶には微量しか含まれていないため、サプリで摂取した方が効率的です。

配合成分

PMSサプリを選ぶ場合に必ずチェックしないといけないのが配合成分です。
商品によって配合成分が異なり、中にはPMSとは関係のない成分しか入っておらず、効果が期待できないものもあるので、しっかりと確認しましょう。
以下の成分が配合されているPMSサプリは高い効果を期待できます。

・プラセンタ
プラセンタとは哺乳類の胎盤から抽出したエキスのことで、女性ホルモンを整える働きを持っています。
PMSはもちろん、月経困難症や更年期障害にも効果があります。
生理痛も普段よく軽くなる可能性が高いので、生理時の出血が多い方などにもおすすめです。

・イソフラボン
大豆製品に多く含まれているイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンとよく似た働きをします。
そのため、エストロゲン不足によって起こるPMSの改善に有効です。
ただ、エストロゲンの分泌が過剰になるとホルモンバランスが乱れ、PMSを悪化させてしまいます。

・チェストツリー
チェストツリーはヨーロッパで昔から使用されているハーブです。
ホルモンバランスを整え、PMSの症状である、むくみや便秘、イライラ、乳房の痛みなどを改善する効果があります。

・テアニン
テアニンはお茶に含まれている成分です。
PMSの症状を緩和させる効果がありますが、お茶には微量しか含まれていないため、サプリで摂取した方が効率的です。
女性のミカタ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket